ちょっとした工夫で豊かになろう!

おかっぱ主婦日記

子供について

我の強い子はのびのび系幼稚園がおすすめ

更新日:

 

息子のプレ幼稚園が始まりました~。

 

とはいえ、息子は現在年中の娘と同じ幼稚園に通わせる予定なので、それほど心配もありません。

通わせる予定の幼稚園は、月に二回、親子で参加するタイプのもので、親子で楽しく遊びながら、幼稚園や先生に慣れていこう、という主旨のもののようです。

 

息子のプレが始まり、娘がプレに通っていた頃を思い出したのですが、気が乗らないと手遊びや歌などに参加せず寝転んでいたり、脱走しようとしたり・・・大変だったなーという記憶があります(笑)。

まわりを見ると、結構みんな大人しくしていられたり、楽しんで参加していたりしたので、うちの子は大丈夫だろうか・・・と悩んだこともありましたっけ。

 

 

で、今回、息子のプレなのですが、やはり、うちの子たちは、落ち着きがない!!(笑)

娘のときよりは酷くないものの、参加しなかったり、脱走したり、息子も似たようなものでした。

 

でも、現在年中の娘を見ていると、先生方の指導や成長したのもあり、もう脱走とかしないですからね。
手遊びも歌も、積極的に楽しんでいますしね。
息子のことも、今だけなんだろうと思って、あまり悩まず、こんなもんでしょ、と大目にみています。

二人目の余裕ですね(笑)。

 

 

こんなかんじで、落ち着きがなく、好奇心のままに突っ走ってしまうタイプの子供たちなので、我が家の幼稚園選びは簡単なものでした。

 

 

のびのび系自由保育の幼稚園です。

 

 

自由というと、裸足になって園庭をかけまわったり、泥遊びをしたりしている野生児のイメージがありますが、「裸足になろうが、きちんと靴を履いて遊ぼうが自由」、「真っ黒になって泥遊びするのも、汚れるのがいやだから泥遊びはしないのも自由」という、「個人の自由」を尊重する保育をしているところが気に入って、今の幼稚園に決めました。

 

 

そして、たくさん遊んで過ごすことができるのは、幼稚園までです。

小学校に入ったら組まれた時間割どおりに勉強をして、自由に遊ぶ時間は少なくなるんだから、幼稚園では自由遊びの時間が多い園で、たくさん遊んできてほしいなーというおもいがありました。

幼稚園に着いたら、「今日は何をしよう」と自分で考えて、どんどん遊びに没頭して、次々に楽しい発見をして。小学校に上がったとき、勉強も遊びの延長のように意欲的に取り組めるようになるといいよね、と、夫と目論んでいます。(どうなるかはわかりませんが、笑)

 

 

プレ幼稚園や年少の頃は、落ち着きがなく脱走を繰り返し、気乗りしないことには参加しない少々問題アリだった娘も、そういった部分も個性として先生方に丁寧に接してもらうなかで、家庭以外の場所での集団生活が楽しいものだと思えるようになったのでしょう。今では問題行動も見られなくなり、むしろ友達を思いやったり自分の遊びをしっかり楽しめたり、自由に遊ぶときと座って先生の話を聞くときのメリハリを覚えたり、ずいぶん成長したようです。

 

同じ幼稚園に通わせているママたちに話しをきくと、どうやらうちの子たちのように、少々我が強く一筋縄ではいかないタイプだからこの自由な幼稚園に通わせた、という意見が多かったです。そして、親の満足度もわりと高いようです。

 

とりあえず経験から言うと、我が強いタイプの子はのびのび系幼稚園、なかなかオススメですよ。

 

 

逆に、我が強い子を躾けてもらおうと、カリキュラムや礼儀がしっかりしている幼稚園に入れようとしてしまうこともあると思うのですが、個人を尊重されて自由に遊べれば、礼儀など自然に身に付くと思いますよ!

 

我が強いっていうことは、それだけ「やりたいことやりたくないこと、の意思がしっかりとある」ということだと思うので、そこ、大事にしてあげるとよいかもしれませんね。

 

なーんて、今ではきっぱりと言えるのですが、娘のプレの頃は、彼女の我の強さに悩んでいましたけどね(笑)。

 

 

それと、のびのび系というと「放任」と思われがちですが、それは保育の質だと思います。
娘の通う園は放任ではなく、自由に遊ばせながらむしろしっかり見てくれています。
悪いことをしたときは、ちゃんと叱ることもあるようです。

お勉強系でも、のびのび系でも、保育の質が悪く、放任気味の幼稚園は避けたほうがよいかもしれませんね。

-子供について
-

Copyright© おかっぱ主婦日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.