鉄のフライパンのくっつきこげつきの原因

使ってよかったもの

 

以前に、鉄のフライパンを買ってみたよ、という記事を書きました。

はじめての鉄のフライパン。美味しいし、抜群のコストパフォーマンスで言うことナシ! | おかっぱ主婦日記
テフロンのフライパンが剥げて焦げ付くようになってきたので、フライパンを買い換えました。よし、この機会に!と、前から憧れていた鉄のフライパンについて、調べたりしていたら、はじめて鉄のフライパンを使うわたしにも、とても親切丁寧な説明書つき、ステ

 

テフロンのフライパンに比べて、鉄のフライパンで料理を作ると美味しくできるし、とても気に入っていたのですが、たまに、うまく調理できないことがあったりしました。

 

炒め物をするときなど、食材をフライパンに入れるとなんだかくっついてしまうのです。

 

火が強すぎるのかな~と、弱めにして使ってみても、なかなかうまくいかない。

 

テフロンのフライパンを使っているときは、こういったことがなかったので、原因がわからなかったのです。

 

というわけで、今回もまたネットで色々と調べて(ネットありがたや~)、試行錯誤してみました!

 

 

鉄のフライパンに食材を入れたときにくっついてしまう原因はこれだ!

 

ずばり、油の温度が低すぎる、です!

 

テフロンのフライパンだと、そこまでフライパンの油を熱さないまま材料を投入しても、こびりつくことはないかと思います。

しかし、鉄のフライパンは、しっかり熱してから油返しをして、調理用の油を入れた状態で200度ぐらいにさせておき、食材を入れてちょっと温度が下がったところで、だいたい180度ぐらいになるように火加減を調節するのがよいらしいのです!!

 

つまり、鉄のフライパンに食材を投入するためには、200度ぐらいにしっかりと熱した油 が必要だったのです。

 

こうすることで、食材を投入したときのくっつき、こびりつき、に悩まされることが全くなくなりました!!!

フライパンの上を食材がするすると滑って、かなりいいかんじに調理できるようになりましたよ~。

 

テフロンのフライパンしか使ったことがなかったわたしは、そこまで熱くなっていない油に食材を投入する、という使い方をしていて、どうやらこれが食材がくっつく原因だった模様・・・。

 

この方法を試すだけで、くっつきの悩みから解放され、再びリバーライトのフライパンをじゃんじゃん使っています!

 

 

調理中の焦げ付き、くっつきの原因は?

さてさて、調理中に焦げ付く、くっつく、などの原因はどうでしょう?

 

鉄のフライパンを使う場合、調理中の油の温度は、170~180度ぐらいを保つようにしたほうがいいらしいです。

なので、それより強すぎれば、焦げついたり、くっついたりしやすくなるらしいです。

そもそも、鉄のフライパンは、170~180度で保つのが、一番美味しく調理できるのだそうですよ。(知らなかった!!)

 

 

温度の感覚をつかむコツは?

上記のことから、鉄のフライパンをうまく使いこなすには、油の温度調節がかなり重要なことがわかります。

ところで、油の温度の感覚を掴むにはどうすればいいのか?

わたしとしては、揚げ物で練習するのがオススメです!

温度計や温度調節機能などのないコンロで揚げ物をするようにすると、温度調節や感覚をつかむのが上手になるかもしれませんね。

 

 

ちなみに、わたしが購入したのは、このリバーライト 極ROOTSの28cmですが、揚げ物もじゃんじゃんできて、とても便利ですよ!

揚げ物をすると、油も馴染むし、鉄のフライパンにとっては、きっとイイはず!

まだまだ鉄のフライパン初心者ですが、便利だし、美味しくできるし(ハンバーグなんかふっくら焼ける!)、コレなしではもういられないほどです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました